スポンサーサイト

  • 2015.05.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    517 後 大阪はどうあるべきか?

    • 2015.05.21 Thursday
    • 10:37
    JUGEMテーマ:評論家気取り


    ひさびさにBLOGアップします。

    5月17日の大阪は熱かった! 結局は都構想は否決。大阪市の存続が決まりました。
    個人的に分析すると行政コスト以外に 市民コスト(住所変更など細かな労力や、生活不安などの精神的なもの)が必ず発生する行政改革は高齢化社会では無理という結論だと思います。
    「シルバーデモクラシーが〜」なんて、言ってても何も変わらないので、ビジネスコンサルティングらしく、前向きで、実現可能な提案をしたいと思います。

    [都構想議論は都市域の選定と自治単位の適正サイズ]
     賛成派、反対派、共に住民に“わかりやすく”しようとしたのか、「住民サービスが〜」「行政コストが〜」「効果額が〜」「二重行政が〜」と本質の議論から離れてしまったのが残念ですが、都構想議論の本質は大阪の都市域の選定と基礎自治体のサイズ選定であるべきでした。住民投票の結果は法的拘束力があるので、変えれませんので、では 本質では何が選択されたのでしょうか?
    以下の二点が大阪の将来像として、“決定”されたのです。

    大阪の都市域は大阪市。
    現状は大阪の経済域は遥かに広がっていますが、行政単位で成長戦略など意思統一ができる単位は大阪市ですから、それ以上にシームレスに広がると[二重行政]が生まれてしまいます。

    自治単位は200万人の大阪市。
     細かな住民の声を聞く必要も、地域の特色を出す政策もいらないのです。財務状況を好転化させる事だけを考えるとメリットも多いです。是非、財務状況を好転させる為に政令都市を利用していきましょう。


    800万人を背負う大阪市から 200万人の豊かさを考える大阪市へ

    行政単位が200万人の大阪が住民の事だけを考えるのは、当たり前の事です。府下の他自治体に負担をかけるでしょうが、200万人の生活水準を高め、税収の確保を考えるべきです。約半数が非生産者である大阪市が“都構想”無しで 新規の若年層の獲得は、拡大開発戦略では無理があります。大阪市のポケットだけで出来る事が限定されるからです。なので、僕は一切お金をかけない 都市開発を提案したいと思います。

    建築規制と業種規制、開発規制で土地の値段を上げる。

    非生産者が住民の半数を越し、高齢化が進む大阪市で民間経済力を高めることは不可能です。なので、今そこに座すもの、“土地”の値段を意図的に上げて経済力を高めるべきです。具体的には、新規マンション、許可制小売店舗、大型ショッピングモールなどを今より増えないように規制し、現状の不動産価値を高めるべきです。商業地域を制約し、逆に商業地域内の規制緩和(建坪率の緩和、テラス使用など商業付加価値をあげるもの)を推し進めます。住宅地も制限し、各町内に住宅管理組合を設立し、空き家の強制徴収や、住宅メンテナンスの地域一元化を促します。町内一丸となって外観を綺麗に保てば、土地価格に直結するようにするのです。
    工業地域は間引きながら中小零細の工場には 物流拠点と一体化した、最新型の工場団地への移転を促し、不動産取引時の土地の大小でメリットが出るようにします。つまり小さな町工場は一箇所に集め、纏まった土地は新規大規模工場の誘致に使うのです。

    さて、このような不動産政策をしても 高齢者の生活水準を上げて、納税者にするためにどうしたらいいのか?

    市営リバースモーゲージ

     リバースモーゲージとは、不動産を所有している高齢者が、不動産を担保に 月々の年金を補充するものです。所有者(入居者)が死亡時に担保権は実効化されるので、不動産を所有する高齢者に生きている間に贅沢をしてもらうという事です。市営でこれをやる場合は、将来の都市開発と連動させるべきです。再開発予定地域に重点的にリバースモーゲージをかける事で、立ち退き費用も軽減しますし、現在住んでいる高齢者の生活が劇的に向上します。月々20万円近い収入増となるでしょう。


    最後に

    大阪の発展は都構想頓挫により難しくなった事は事実です。しかし、後世に負担を負わさない事はまだまだ出来るのです。
    しばらくの間は高齢者が住みよく、幸せな大阪市でいいではないでしょうか? ただ今手を打てば、将来の若者達が自分たちで
    考えて、大阪を発展させる事が出来る“可能性”は残すことができるはずです。
     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM